★☆★サッカーを★☆★楽しく観るコツ

PKはドキドキです!!サッカーを楽しく観るコツ!!

皆さんこんばんは

サッカーをもっと楽しみたいという方や、サッカーの奥深さをもっと知りたいという方などに向けて書いている『サッカーを楽しく観るコツ』ブログ。

今回はペナルティーキック(PK)について解説していきたいと思います!

今日のコツその1【ペナルティーキックになる状況】

ペナルティーキックの定義をまずお伝えしますね。

ペナルティーキックはペナルティエリア内で守備チーム側の選手が攻撃側の選手に対して反則行為が行われた場合にペナルティーマークから行われる攻撃側の選手とゴールキーパーとの1対1のキック勝負のことを言います。

まずここで補足しておきたいのが、ペナルティーキックはフリーキックの一部ということです。

そしてペナルティーエリアで、直接フリーキックになる反則を犯した場合、ペナルティーキックの対象となります。

直接フリーキックになる反則については、、、

https://lakeshin.work/2018/07/27/1830-9/

↑↑上の記事をご覧ください!

ペナルティーエリアは上の図の斜め赤線の部分です。

ペナルティーマークというのは、上の図のペナルティーエリアの中にある黒い点のことです。

ここから攻撃側の選手はキックを行ないます。

ではその以外の選手はどこにいるのでしょうか??

上の図の赤が攻撃側、青が守備側だと見てください。

ペナルティーエリアの外にある弧を描いた白線がありますね。

そこにその他の選手が入れないことに注目してください。

サッカー初心者君
サッカー初心者君
上の図の状態は見たことあるな
レイシン
レイシン
でしょ!だいたいこの図のようになります

あとはフィールド外で守備チームの反則行為が行われた場合もペナルティーキックとなりますので、これも覚えておきたいですね。

今日のコツその2【ペナルティーキックにおける反則行為】

ここではペナルティーキックにおける反則行為をまとめたいと思います。

主審がペナルティーキックを行う合図をして、ボールがインプレーになる前に、次の状況の一つが起きた場合

ペナルティーキックを行う競技者の競技規則の違反

  • 主審はそのままキックを行わせる
  • ボールがゴールに入った場合は、キックを再び行う。
  • ボールがゴールに入らなかった場合、主審はプレーを停止し、守備側チームの間接フリーキックで試合を再開する。

ゴールキーパーの競技規則の違反

  • 主審はそのままキックを行わせる。
  • ボールがゴールに入った場合、得点を与える。
  • ボールがゴールに入らなかった場合は、キックを再び行う。ゴールキーパーは警告される。

キックを行う競技者の味方競技者がペナルティーエリアに入る、ペナルティーマークより前方に動く、あるいはペナルティーマークの9.15メートル(10ヤード)以内に入る

  • 主審はそのままキックを行わせる。
  • ボールがゴールに入った場合は、キックを再び行う。
  • ボールがゴールに入らなかった場合、主審はプレーを停止し、守備側チームの間接フリーキックで試合を再開する。

ゴールキーパーの味方競技者がペナルティーエリアに入る、ペナルティーマークより前方に動く、あるいはペナルティーマークの9.15メートル(10ヤード)以内に入る

  • 主審はそのままキックを行わせる。
  • ボールがゴールに入った場合、得点を与える。
  • ボールがゴールに入らなかった場合は、キックを再び行う。

守備・攻撃両チームの競技者の競技規則の違反(ゴールキーパーとキッカーが同時に反則を犯していない場合)

  • キックを再び行う。

守備・攻撃両チームの競技者の競技規則の違反(ゴールキーパーとキッカーが同時に反則を犯している場合)

  • 主審はそのままキックを行わせる。
  • ボールがゴールに入らなかった場合、キックをやり直し,両方の競技者は警告される。
  • ボールがゴールに入った場合、得点は認められず、キッカーは警告され、守備側チームの間接フリーキックでプレーを再開する。
サッカー初心者君
サッカー初心者君
う~ん、ややこしくてわかりにくいなー
レイシン
レイシン
そうですねー。簡単に言うとですね、、、

相手チームが反則していてもキックが入ればゴールとなり、入らなければやり直しとなります。

ペナルティーキックを蹴る側のチームが違反をした場合、キックがゴールに入ればやり直し、入らなければ相手チームの間接フリーキックとなります。

サッカー初心者君
サッカー初心者君
そう言われると少しわかりやすくなったな
レイシン
レイシン
それは良かったです!

 今日のコツその3【ペナルティーキックの成功率は??】

ペナルティーキックの成功率はおよそ8割と言われています。

サッカーは得点が入りにくいスポーツであるがゆえ、かなりの高確率で決まるペナルティーキックは重要な局面と言えます!

サッカー初心者君
サッカー初心者君
PKはドキドキするよなー!
レイシン
レイシン
そうですね、独特の緊張感がありますよね!

補足とまとめ

サッカーにおけるゴールはペナルティーキックに限らず、全ての場合においてゴールラインを完全にボールが超えている必要があります。

つまり、ボールの一部が少しでもラインにかかっているとゴールとならないわけです。

最近はゴールラインテクノロジーというコンピューターの素早い解析なども行われているので、主審は誤審を行なわずに対処できるというのが、最近の流れになっています。

ペナルティーキックの奥深さも知っていただけたのではないかなと思っております。

先程も書きましたが、ペナルティーキックは試合の流れを変える重要な局面なので是非注目してくださいね!

そんなこんなで今回は終わり

皆さん今日も一日お疲れ様でした

明日も力まずマイペースでいきましょう

コメントを残す