★☆★サッカーを★☆★楽しく観るコツ

サッカーを楽しく観るコツ!!MF編!! No.3

皆さんこんばんは

サッカーにイマイチ興味がない、サッカーのどこがそんなに面白いの??

そんな方に向けて書いている『サッカーを楽しく観るコツ』ブログ。

前回は好きな選手がFWだった方に向けて書きました。

今日は好きな選手がMFだった方に向けて書きたいと思います!

さて好きな選手がMFの場合どこに注目できるのでしょうか。

例によってワサコレSの画像です。

この右上のフォーメーションの所の赤くなっている所がMFです。

MFは大きく分けて3つのポジションに分類できます。

OMF、SMF、DMFです。

まずはその中のOMFに注目します。

今日のコツその1【ミドルシュート、スルーパスを見逃すな!好きな選手がMF(OMF)の場合】

OMFは通称トップ下とも言われます。

トップとはFW特にCFのことですが、フォーメーションを見た時にCFの下に位置することからトップ下と言われています。

OMFを2人配置するフォーメーションもあるのですが、それはまた今度説明したいと思います。

OMFの注目できるプレイは、、、

1.ミドルシュート!!

2.スルーパス!!

この2つなんです!!

ミドルシュートとは主にペナルティエリアのラインの外から打つものを呼ぶことが多いですが、、、

最近行われたW杯の試合でいうと、準々決勝で行われたブラジル×ベルギー戦で見せた、デブライネのゴールなんかが、その象徴的なシュートで美しかったですね!

OMFにいる選手は特にミドルシュートを打つ機会も多いので見逃さないようにしてくださいね!

もう1つはスルーパス。

スルーパスとは味方の足元ではなく、味方の走り込む先に出すパスのことで、別名キラーパスとも呼ばれます。

一瞬にして相手の背後を狙うこのスルーパスを得意とする選手は観客を虜にできる選手であり、人気も高いです!

日本では中田英寿選手がこのOMFで活躍し、そのプレーを真似る子どもたちがたくさん増えて、みんながトップ下をやりたいなんて言っていた時期もありました。

懐かしいですね~w

OMFの選手を好きになった方は是非この2つの点に注目してみてください。

今日のコツその2【攻守に走るプレイを見逃すな!好きな選手がMF(SMF)の場合】

では次、SMFです。

先程のワサコレSの画像だとRMFとLMFという部分のポジションになります。

RとLはライトとレフトの文字です。

SMFの注目できるポイントは、、、

攻守に走るプレイを見逃すな!!

コレなんです!!

SMFというポジションは他のMFのポジションと違って攻めも守りもまんべんなくできないといけません。

特にタッチライン沿いと呼ばれるフィールドの周りの白線付近でボールを奪ったり奪われたりと結構せわしないのが特徴です。

SMFの選手を好きになった方は是非攻めも守りも頑張るその姿に注目してください。

今日のコツその3【ボール奪取と攻撃の起点になるプレイを見逃すな!好きな選手がMF(DMF)の場合】

では、次はDMFです。

DMFの注目できるポイントはコチラ、、、

ボール奪取と攻撃の起点になるプレイを見逃すな!!

DMFの仕事の1つはDFの所にボールを送られないようにその前で守備をすることです。

なので、守備能力は高いものが問われます。

W杯ではフランスのカンテや日本でいえば柴崎や長谷部がやっていたポジションですが、、、

守備に頑張っていたイメージはあるのではないでしょうか??

その一方で柴崎なんかは攻撃の起点になっていたのは気付きましたか??

これはレジスタと呼ばれるポジション、いわば司令塔となっていたことを意味します。

この点はまた違う機会にお伝えできればと思います。

DMFの選手を好きになった方は是非守備によるボール奪取と攻撃の起点となるプレイに注目してください。

結びに

MFの選手を好きになった方は、サッカーの奥深さに魅力を感じることができる方かもしれません。

MFの仕事はとても多く、試合中最も走行距離が長いのもMFの選手が多いです。

そんなMFの選手たちを是非応援してあげてくださいね!!

そんなこんなで今回は終わり

皆さん今日も一日お疲れ様でした

明日も力まずマイペースでいきましょう

コメントを残す